高校生は「大人の生活」の縮小版

11月 22nd, 2016

高校生の娯楽といえば、大学生や大人の真似事が大半です。
数人でおしゃれなカフェに行く、大きなグループで焼肉やカラオケに行く、欲しいゲームを大量購入する、雀牌を買って踊り場でひっそりと対局するなどなど。

最後の1つはわたしの学校だけかもしれませんが、アルバイトなどをすることによって、月に万単位のお金を好きに使えるようになるのが高校生になることの魅力の一つでもあります。

それに、ちょうど自動車の免許をとれる時期でもあるので、親に反対された時にアルバイトをして免許を取りに行く人もいます。
教習所には、ローン払いできるシステムがあるみたいですが、それよりも低金利のカードローンもあるみたいです。
支払はよく検討してからする方がよさそうです。
免許ローン

また、お金が入ってくれば、その分だけ使ってしまおうとする高校生が少なくないのも実情です。
実際、アルバイトの掛け持ちで10万円以上稼いでいた同級生は、登校中、授業中、給食、掃除など、時間に関係になく口癖のように「お金がない」を連発していました。

一体何にそんなお金を使ってしまうのか。
これは大人と同じで、金銭面で誰かにいい所を見せたいという気持ちが既に生まれる子がいるのです。
この同級生の場合は既に「女好き」として知られていて、全然接点が無くても学年でトップレベルの人気を誇る女子に対して、何の脈絡もなく、突然プレゼントを渡したりしていました。
それも聞いた話だと、ぬいぐるみなどのかわいらしいアイテムなどではなく、ブルガリのキーリングなどの飾り物をプレゼントしていたそう。
話だけ聞くと、キャバクラにハマったサラリーマンとかに見えます。
そりゃお金にも困るわけです。

4年前の同窓会で彼に当時の話を聞いたら、やはりいい格好をしたいというのが根本にあったそうです。
また、彼自身もあの頃の事は後悔しているようですが、原因の1つには小中学生の頃通していじめられ続け、どうやって友達を作っていいのかわからなかったとも語っていました。
確かに、彼の行動はよく話題にこそなりましたが、冒頭に書いた高校生らしいお金の使い方はあまり見たことがありません。
休み時間中も基本1人で、なにか突拍子もない行動に出た時だけ、ポっとクラスの人気ものになるような感じでした。

そんな彼ですが、現在は高校生時代の反動で猛烈にケチになったそうです。
朝食から夕食まで300円以内というルールを作り、独自の計算方法で社会保障費すらも節約して払う手段を探したりと、お金に対しては詳しくなったとのこと。
今後はFP資格なんかも取って、食いっぱぐれない一芸を身に付ける計画も立てているそうで、あの頃の浪費を今後の人生で活かしていくようです。
お金に関する失敗も、早いうちにするといい方向に向かうのかもしれませんね。

Posted in 未分類 | No Comments »


大学生のころやった海の家のアルバイトのこと

6月 4th, 2016

大学生のとき夏休みに海の家でアルバイトをしました。私の場合、山に囲まれたところで育ったので、海に行くと何か贅沢な気持ちになります。

たまたま入学した大学はそばに海があって、夏は海水浴客が多く訪れるところでした。そして毎年大学生のアルバイトを募集するので、私もそこで働くことにしたというわけです。山育ちの私にとっては毎日海のそばで働くことができるということが感動的でした。

☆海の家のバイトを探すならこちらがお勧め⇒≪海の家アルバイト募集

田舎なので一般的な時給は都会ほど高くありません。大体700円くらいが相場です。そんな中、海の家のアルバイトは時給が800円だったことも私にとって魅力的でした。

しかし仕事は楽ではありませんでした。朝から行って最初に掃除をします。海の家が開く最初の日はそんなに汚れていないので、比較的楽に掃除は終わります。ところが海水浴客が訪れるようになると次の日の掃除は大変です。

床が砂だらけになっていて掃除するのも一苦労です。またゴミ箱はいっぱいになり、ゴミが散乱しています。ゴミ箱の付近に散乱しているだけならまだ掃除しやすいのですが、所構わずあちこちにゴミが放置されて、それを拾い集めるだけで相当体力を消耗しました。

そして掃除が終わると今度は軽食の準備に取り掛かります。お客さんが注文してすぐに出せるように、ある程度下ごしらえをしておきます。

軽食ではソフトクリームもありましたが、ソフトクリームを上手に作れるようになるまで一苦労でした。最初のころはうまく作れなくて、変な形のまま出してお客さんに怒られたこともあります。

その他、注文したあと「まだできないの!」と怒るお客さんもいるなど、色んな人がいて接客業の大変さを感じました。しかしこのときの接客体験が、大学卒業後社会に出てから役立ちました。

海の家のアルバイトはだいたい掃除と、軽食の調理と販売が主でしたが、突発的に入る仕事もありました。ある日は迷子捜しをしたこともあります。

お客さんが「子どもがいなくなった!」と慌てて捜していたので、海の家のオーナーから「捜すのを手伝ってあげて」と言われ、捜索活動を手伝うことになり浜辺をあちこち走り回りました。幸い子どもさんは無事に見つかりました。すると捜してくれたお礼にと後日親御さんから商品券を頂きました。

大学の最初の夏休みに始めた海の家のアルバイトは、結局4年間続きました。忙しくて体力がいる仕事でもあり、接客業のためお客さんから文句を言われることもあったけど、今ではどれも良い思い出となっています。

山に囲まれて育った私ですが、アルバイトの4年間で海にもすっかり馴染みました。

Posted in 未分類 | No Comments »


留学のために

5月 20th, 2016

今までに一番大きな勇気が必要だった買い物、金額の大きな買い物は留学です。社会人、年齢もそれほど若くない、そして何より無い無い尽くしと言う3重苦の条件下の買い物だったからです。

勤務していた会社に不穏な空気。人員削減の中に私の名前が挙がっている事を人づてに聞き、それならばと派遣契約切れ直前に、思い切ってこちらから退社を申し出ました。以前からもっと英語力をつけたいと考えていたので、留学には良い機会だと思ったからです。

いざ退職してしまったものの、まず大学院に行く基準を満たせるかどうかの保証無し、目指す大学院が受け入れてくれるかの保証無し、受け入れてもらっても資格が取れるかどうかの保証無し、無事留学を終えても今度は帰国後の職の保証無しなどなど、不安だけが山盛り一杯、それ以外は無い無い尽くしでした。

幸運にも半年間の勉強が実り、準備や手続きも何とか終えて晴れて大学院生となりました。たぶん能天気でのんびり、なのに怖がりの私の人生で、おそらく一番集中して勉強し、一番駆け足で準備し、清水の舞台と言うよりバンジージャンプ並みに思い切って飛び降りた大きな買い物だったと思います。
ただ不思議な事にこの勇気に関しては、怖がり過ぎて感覚が麻痺したのか、能天気が活かされたのか、はたまたヤケッパチだったのかはわかりませんが、頭のどこかで「何とかなるさ」「何とかするよ」と言う理屈を超えた大きな確信がありました。

留学資金については、大学院を卒業してからキャバクラでアルバイトをしてどうにか調達できました。留学資金+学費+普段の生活費でかなりの金額が必要でした。本当にお金に困った時には、水商売をしてても借りられるカードローンに助けられました。無事目標金額を貯めることができました。

留学中は友人もできましたし勉強も有意義で楽しく、それはそれは大きな喜びを得ました。しかしやはり「世の中そう甘くはない」のは海外でもあてはまる普遍の原理らしく、良い事ばかりと言う訳にはいきませんでした。そこで起こった事件の数々は、深く大きい不信感も残しました。にもかかわらずそこでの経験は「人間万事塞翁が馬」とか「禍福は糾える縄の如し」などと言う格言を、私に身をもって感じさせました。単純に「高額」と言うよりは「プライスレス」と言いたいほど、豊かで後悔無しの買い物だったと思います。

さて帰国後ですが、何とか英語が使える小さな仕事につけ、貯金全てと前職とを引き換えにした「私の大きな買い物」はプライスレス、のちプチハッピーエンドと言う結末で幕を閉じました。

Posted in 未分類 | No Comments »


アルバイトの思い出

6月 25th, 2014

学生時代のアルバイトで今でもよく覚えているのが、単発のアルバイトで大型スーパーやドラッグストアでの商品の販売促進のアルバイトです。

初めての仕事でしたので、とても印象に残っています。

アルバイトを始めた理由は、当時学生でしたのでお小遣い稼ぎ程度の収入でよいので長期アルバイトではなく簡単なのがいいなと思いました。

色々と調べている中で、単発アルバイトを募集している派遣会社に登録してみたのがきっかけでした。

最初、登録会に参加してその後、簡単な研修がありました。詳しく覚えていませんが、確か接客の発声練習や簡単なデモンストレーションをしました。

こういったことも初めてだったので、とても緊張した記憶があります。 確か時給は900円ぐらいで、交通費も支給されました。割りと良い給料でした。

販売促進の仕事の大変だったところは、商品の売りを知り、自分なりの言葉でお客様にPRするのですが、その商品を自分がほんとに良いと思っている気持ちになってお勧めしなくてはいけない所です。

売れるととても嬉しいのですが、一日中同じ商品を色んなお客様にお勧めするのはとても大変でした。上手な人は言葉のバリエーションも豊富でした。

それから、意外と自分に向いている仕事だと気付き、それからもこのようなアルバイトを続けていました。

学生時代は結構頑張って働いていたので、周りの友達よりかお金に余裕のある生活を送れていましたね。

ずっと、受けたかったレーザー脱毛も学生のころに受けることが出来ましたしね(^^)/

おかげで今ではムダ毛もないツルツルの肌ですよ♪

今でもたまに、販売促進のアルバイトが懐かしく思い、働きたいな~って思うことがありますよ。

いまでも、販売促進のお姉さんを見かけると親近感がわきます。

Posted in 未分類 | No Comments »


ドラッグストアでのアルバイト

6月 11th, 2014

わたしは学生時代、もちろんアルバイトをしていました。といっても大学生になってから始めたわけではなく、高校生からやっていたアルバイトをそのまま大学生になっても継続しているようなものでした。

アルバイトは薬局のレジ業務をしていました。

大体月に5万円前後の給料で少ない月は4万円台、多い月は7万円台程度の給料でした。

高校生のときとは時給は変わらずでしたが、高校生のときから続けていた分、できることはたくさんありました。

一番は融通が利くことです。大学生になり、高校生のときとは違った生活になります。出勤日数や曜日、出勤時間等今までやってきたものでは厳しくなってしまうことがあると思います。

アルバイトの先輩方を見てきてもそう感じました。

このように高校生のときとは生活のリズムが変わってしまうのですが、高校生から続けていたからこそ、融通が利くのです。 もちろん今まで働いてきた信頼もありますし、生活の変化の状況を分かってくれます。学生のわたしにとっては非常にありがたいことでした。

もう一つは大学生活でアルバイトの支障がでないことです。ただでさえ大学生になったことで新たな環境の生活に大きく変わり、それに一生懸命についていきます。

ここで新たなアルバイトを始めた場合、身体的にも精神的にも余裕が持てません。

そんな意味でもわたしは高校生から続けているアルバイトをしていて良かったなと思っています。

Posted in 未分類 | No Comments »


学生時代のバイト経験談

5月 27th, 2014

私が、アルバイトを初めて経験したのは、大学生の頃の結婚式場でのピアノ演奏です。

きっかけは、同じ学部の友達が、その結婚式場でアルバイトをしており、クリスマスディナーでの生演奏をやってみないかと提案してくれたからです。

ピアノが特技の自分にはとても嬉しく、また時給にすると2000円程の高時給で、お金のない学生の自分にはとても有難いものでした。

この仕事が定期的にあればうれしいんですが、クリスマスディナーといった単発の仕事なので、このピアノ演奏のバイトはこの1回だけでした。

それから学生生活に慣れてからは、単発ではなく、継続できるアルバイトを探すことにしたんです。

実家を出て一人暮らしをしながら、私立の大学に通っていたのて、親にもたくさん負担をかけているし、できるだけ自分の生活費、お小遣いは自分で稼ごうと思い、アルバイトしたいと思いました。

実家からも、できるだけ早くアルバイト探して欲しいと言われていました。

アルバイト探しのサイトを見て、最寄り駅の近くに募集しているところがありました。実際にお店の様子を見に行ったりして、花屋さんのアルバイトに応募することにしました。

もともと花が大好きっていう事もありますしね。一応女の子なので(^◇^)

初めての自分で応募するアルバイトということで、面接などもとても緊張した記憶があります。緊張しながらも、無事面接を終え晴れて採用されることになり、花屋さんで販売員の仕事を始めました。

仕事をきちんと覚えるまでは、自分は何も上手にできないと落ち込んだりもしました。しかし、だんだんと仕事もこなせるようになり、お金をもらって働く大変さと、同時にやりがいも知りました。

花に関しても凄く詳しくなりましたよ♪

学生時代のアルバイトは、色々と自分を成長させてくれたと思っています。この時の経験は今の仕事にも活かせていると思いますしね。今ではとても良い思い出となっています。

Posted in 未分類 | No Comments »


スターバックス

4月 16th, 2014

学生時代に、スターバックスカフェでアルバイトしていました。

学生の方には人気のバイトですよね。バイトも凄く働きやすい環境で楽しかったですよ。

何よりもお店自体が、お洒落でカッコいいって言うのがいいですよね。必然的に定員もカッコよく見えちゃいますからね。

スタバマジックですねwww

 

Posted in 未分類 | No Comments »